フィラリア症予防薬の飲ませ方や正しい量、ハプニングにも対応できるようにしましょう

用法用量を守ることを説明する医者

フィラリア症予防薬を投与することで、愛犬をフィラリアの危険から守ることができます。

しかし、フィラリア症予防薬はれっきとした医薬品のひとつ。正しく使用するための用法用量が定められているため、それに沿って投与する必要があります

というわけで、ここではフィラリア症予防薬の用法用量についてまとめてみました。また、誤った方法で使用してしまった場合の対処法についてもまとめているので、ぜひあわせてご確認ください

用法用量はフィラリア症予防薬の種類によって異なる

一口に“フィラリア症予防薬”と言っても、物によって「錠剤タイプ」「チュアブルタイプ」「スポットタイプ」の3種類に分けることができます。いずれも「フィラリア症を予防する」という効果は同じですが、タイプによって用法用量が異なる点に注意しましょう。以下、各タイプの特徴についてまとめてみました。

錠剤タイプ・チュアブルタイプ

チュアブルタイプ

錠剤タイプおよびチュアブルタイプは、経口投与することで効果を発揮します。フィラリア症予防薬は、基本的に1回の投与で1ヶ月間、効果が持続します

そのため、月に1回投与すれば問題ありません。

ただし、投与し忘れることを防ぐため、血中濃度を一定に維持するために、毎月決まった日に投与することが推奨されています。

直接経口投与する、あるいはドッグフードに混ぜて与えましょう。ちなみに、当サイトで紹介しているキウォフハートはこのチュアブルタイプに分類されます。

スポットタイプ

スポットタイプ

一方のスポットタイプは、薬剤を愛犬の皮膚に滴下することで効果を発揮するタイプです。

錠剤タイプ、チュアブルタイプのように経口投与する必要がないため、飲み薬が苦手な愛犬にも投与しやすいという特徴があります。

こちらも他のタイプと同様に、月に1回の投与で問題ありません。毎月決まった日に、適量を首筋に滴下してあげましょう

ただし、薬剤が完全に浸透するまではシャワーを浴びさせられない点に注意が必要です。

キウォフハートを購入する

フィラリア症予防薬の投与期間とハプニングへの対処法

フィラリア症は蚊が発生しやすい夏場を中心に、いつでも発症しかねない病気です。フィラリア症予防薬の効果の持続期間は有限なので、定期的に投与してあげる必要があります

投与する間隔は?

カレンダー

すでに軽く上記しましたが、フィラリア症予防薬のほとんどは効果が1ヶ月間持続します。そのため、每日投与する必要はありません。

毎月1回、決まった日に投与してあげましょう。投与する日は任意ですが、月初や月末など、覚えやすい日を選ぶことをおすすめします。

そうすることで投与のし忘れを防ぎにくくなるほか、薬剤の血中濃度を毎月同じ状態に保つことができます。

投与し忘れた場合の対処法は?

投与が数日遅れてしまった場合

一般的に、1週間程度の与え忘れであれば、気づいた段階ですぐに投与すれば問題ないとされています。ただし、どうしても不安だという場合は獣医師に相談し、適切な指示を仰ぐことをおすすめします

数週間あるいは1ヶ月以上与え忘れてしまった場合

1週間以上、特に1ヶ月以上も与え忘れてしまうと、その間にフィラリアが愛犬の体内に寄生する可能性があります。フィラリア症予防薬はフィラリア症の予防に効果的ですが、すでに寄生しているフィラリアの成虫を駆除する効果はありません。

それどころか、寄生中に投与してしまうとアレルギー症状をはじめ、危険な症状を招くリスクが高まります。必ず動物病院で検査を受け、フィラリアが寄生していないことを確認したうえで投与を再開するようにしてください

キウォフハートを購入する

フィラリア症予防薬の投与によって愛犬が体調を崩したら

獣医の検査を受ける犬

フィラリア症予防薬は優れた医薬品ですが、犬によってはアレルギー症状の原因になることがあります

また、本来なら問題なく投与できるはずの犬でも、過剰摂取や副作用によって体調不良を引き起こしかねません。フィラリア症予防薬を投与したことで愛犬が体調を崩した場合は、すぐさま適切な処置を取りましょう

フィラリア症予防薬を吐いてしまった場合の対処法

舌を出している犬

フィラリア症予防薬を投与してからわずか数時間で愛犬が吐いてしまった場合、薬剤が体内にきちんと吸収されていない可能性があります

これでは予防効果を十分に得ることができないため、獣医師に相談したうえで再度投与し直す必要があります。

ただし、何回投与してもすぐに嘔吐する場合は、医薬品そのものが犬の体質に合っていないことが考えられます。獣医師に相談したうえで、医薬品を変えるなどの対処をする必要があるでしょう

愛犬が老犬あるいはアレルギー体質の場合の対処法

検査で舌を出している老犬

犬の年齢に関係なく、フィラリア症予防薬の投与は有効です。しかし、体の機能が衰えやすい老犬は、投与することで負担が生じ、体調不良を引き起こすおそれがあります。

また、アレルギーを持っている犬についても、投与することで下痢や嘔吐といったアレルギー反応が生じかねません。

いずれの場合も、投与によって体調不良が生じたのであれば、すぐさま動物病院で診察・検査を受けるようにしましょう。

キウォフハートを購入する

TOPへ